2014年7月の食卓ー夏はビールでおもてなし
 
7月に入り、一段とビールが美味しく感じる今日この頃です。
染付の小皿等を黄色い縁のクスエアのプレートに並べて、
カジュアルなおもてなしはいかがでしょうか。
豆絞りの手ぬぐいがテーブルのポイントになっています。

ご覧いただいたテーブルは七夕の食卓

もう一つ、ご覧いただいたテーブルは七夕の食卓です。
七夕というとすぐにお祭り!と思われる方が多いと思いますが、
もとは中国の牽牛星と織女星の星合伝説と習い事や縫い物が上達するよう願う行事、乞巧奠(きっこうでん)が日本に伝わり、
日本古来の棚機津女の信仰と結びついたものとされています。
中国から伝わった行事と日本古来の行事が習合して平安時代には宮中の行事となり、
やがて江戸時代には民間行事として取り入れられました。
テーブルは現代風にアレンジしてありますが、神人共食の行事なので、両細のお箸を使っています。
 

ビー玉や庭の緑を使いテーブル花の代わりに ガラスの大鉢に金魚の箸置きを置いて

部屋のしつらいも涼やかに
ビー玉や庭の緑を使いテーブル花の代わりに。
ガラスの大鉢に金魚の箸置きを置いて。


メニューは
ジャムと生ハムとチーズのカナッペ
 
ノンアルコールビールで乾杯しながら
ジャムと生ハムとチーズのカナッペ
夏野菜の白だしジュレ和え
鶏もも肉とうずら卵の焼き鳥風
などを頂きます。
 
肉巻春巻きは大葉やレタスで巻いて。

肉巻春巻きは大葉やレタスで巻いて。

小さなココットにはウインナーと野菜のコンソメ煮を
 
小さなココットにはウインナーと野菜のコンソメ煮を。
帆立ごはんのひと口おにぎりも添えました。
 
人数の多い時は大皿を使って取り分ける形にしてもOKです。